安全への取り組み

安全への取り組み Approach to safety

株式会社 松元サービスは、社団法人全日本トラック協会の貨物自動車運送事業安全性評価事業
「安全性優良事業所(Gマーク)」の認定を受けています。

貨物自動車運送事業安全性評価事業は、利用者がより安全性の高い事業者を選びやすくするとともに、
事業者全体の安全性の向上に対する意識を高めるための環境整備を図るため、
事業者の安全性を正当に評価し、認定し、公表する制度です。

輸送の安全に関する基本方針

当社は、輸送の安全性向上のための基本方針は次のとおりです。

当社は、輸送の安全性向上を最重要課題とし、運輸関連法令を遵守した上で、
安全マネジメントシステムを構築・運用し、全社員で事故削減に努めていきます。

方 策

1.当社の最重要課題は、「輸送の安全」であることを認識します。

2.「輸送の安全」を達成するために、「輸送安全目標」を設定します。

3.「輸送安全目標」を達成するために必要な「輸送安全計画」を作成します。

4.「輸送の安全性向上のための基本方針」を実現させるための「輸送安全目標」や「輸送安全計画」を運用する「しくみ」を「安全マネジメントシステム」(P-D-C-A)として、構築し運用します。

5.「安全マネジメントシステム」は、全社員が一丸となり運用し安全性の向上を目指します。

6.「安全マネジメントシステム」の運用結果は、毎年、向上できるよう努力します。

7.当社は、運輸関連法令の遵守を確実にします。

8.「安全マネジメントシステム」の運用結果、改訂内容を当社HPにて公開します。

輸送に関するCSRについて

大阪府トラック協会による、災害時を想定した「緊急物資輸送」訓練に参加し、地域社会のネットワーク強化に努めています。災害時用水缶詰・毛布などの物資を、トラックにて搬送・配備、輸送路の確認を平時に行う事で、災害時の初動をより素早く行う事が出来ます。今後も市町村と連携しながら災害対策の取組みを行って いきます。

荷主様との連携

トラック輸送時において起こりうる事故を防止する為には、ドライバーの技術・知識とともに荷主様のご協力も必要となります。輸送中の荷崩れを防ぐために、積込み訓練を行っています。

デジタルタコグラフの全車導入

デジタルタコグラフは、トラックの走行速度・時間等の運行状況を自動的にメモリーカードに記録する装置で、ドライバーが法定速度、休憩時間などを遵守しているかなどを確認し、事故防止の安全管理に使います。

バックアイカメラの全車導入

バックカメラは、確認しづらい車の後方部を映し出すカメラで、車庫入れの際など車をバックさせる際の危険を察知するなど安全確認に役立ちます。

ドライブレコーダーの全車導入

ドライブレコーダーは、トラック走行中の状況を映像で記録する装置で、交通事故が発生した際、事故直前・直後のデータの記録により、客観的な検証を行うことが可能になります。

応募フォームへ
今スグ電話応募!!お問い合わせはお気軽にどうぞ ♫